家計をスリムにして500円貯金で資産を増やす方法

投稿者: | 18/02/2019

小さな金額を毎日貯金することで、長期的にリフォーム資金などを確保することもできます。その場合には毎日寝る前に500円玉を貯金箱に入れるのがポイントであり、1年間で約18万円を貯められるのが魅力的です。しかし500円貯金を挫折しないで継続的に進めるためには、家計を見直して節約する必要もあります。

家賃を減らすことは難しいですが、水道光熱費であれば工夫次第で誰でも節約することが可能です。特に家族で暮らしている場合には、同じ部屋で一緒にいる時間を長くするだけで、エアコン代を節約することができます。また育ち盛りの子供がいる場合には、食費が家計を大きく圧迫しているケースも多いです。

新聞の折り込みチラシを活用して格安なスーパーで買い物をすることが、中学生や高校生の子供がいる世帯が効率的に節約するための基本です。そして肉や野菜などの食材を最後まで使い切ることによって、2割程度食費を減らせます。

また貯金を始めた当初は寝る前に500円玉を1枚入れているケースであっても、余裕資金の増加に伴って枚数を増やせるようになります。貯金箱の500円玉が一杯になった時には、金利の高い銀行を選んで定期預金にするのが賢い方法です。