キャッシングの本人確認で必要なものは身分で多少異なる

投稿者: | 09/09/2016

キャッシングを利用するときには、申請をしている人物が本人かどうかを確認するための審査基準として身分証明書など身分を証明できるものを提出しなくてはいけません。この身分証明書に関しては、一つの種類に限定されているわけではなく、パスポートであったり運転免許証であったり色々なものを提示することができます。

実際に提示するときには公的な証明書を一つ準備すれば何の問題もありませんので、運転免許証などを用意していれば十分でしょう。ただ、キャッシングを利用する人間が学生であった場合には提示しなくてはならない証明書に加えて学生証を必ず提示しなくてはいけません。学生がキャッシングをする際には本人が学生であることを証明する必要があるので、学生証がない場合にはキャッシングをすることが難しくなります。

そして、実際にこうした証明書を提出するときにはキャッシング会社に対して本人確認の証明書を郵送するわけではないということも知っておきましょう。提出するときには、無人契約機やホームページに備え付けられているアップロード機能やメール機能を用いて提示することになるので、ほとんどの場合で証明書があればそれを撮影して提示すれば十分だということを覚えておきましょう。